×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DHAサプリメントの選び方

スポンサード リンク
スポンサード リンク

DHAサプリメントの選び方

サプリメントを利用してDHAを取り入れる方が多いようです。

DHAの有用性は、健康食品分野だけでなく、医療関係者からも注目されているようです。

DHAを主成分にしたサプリメントだけでもかなりの数にのぼっていますが、DHAサプリメントを選択する時の着目点はどのようなものでしょう。

DHAとEPAが含有されていること、ビタミンEが配合されていることは重要なポイントです。

EPAとはDHAと同様の青魚の脂に多く含まれています。

EPAは花粉症やアレルギーにも効果があることで知られ、血中コレステロールを抑制して動脈硬化などを予防し、生理痛を緩和するなどの作用が認められています。

DHAと一緒にとることで相乗効果が期待できるとされている成分です。

ビタミンEは抗酸化力の強い成分で、DHAやEPAの酸化を抑制する成分として効果的に作用しています。

重金属が含まれていないことや新鮮な魚を原料として精製されたサプリメントであることも注意したい点です。

お腹の赤ちゃんを水銀中毒から守るには、母体が重金属の摂取を避けるようにすることが大事です。

良質なサプリメントとは、重金属がない、質のいい魚を使ったものを指します。

青魚は妊婦にいいとされている食材ですが、現代では青魚の摂りすぎは重金属を体内に取り込んでしまうことが指摘されています。

DHAやEPAをサプリメントで取り入れることによって、青魚に含まれる重金属のリスクを避け、必要な成分を効率よく摂取することが可能です。

サプリメントとDHAについて

食事だけでは体内で不足しがちな栄養素をサプリメントで補うという人が増えており、DHAサプリメントだけとっても多くの種類があります。

DHAに限らず何かしらのサプリメントを健康の為に愛用している人が少なくありません。

DHAは非常に優れた栄養素として注目を浴びており、サプリメントにも多数利用されています。

ドコサヘキサエン酸という呼称もあるDHAは、高度不飽和脂肪酸で青身の魚に豊富な成分です。

DHAは脳の活性化や老化の予防に効果があり、血栓対策や痴呆症の改善にいいとされています。

DHAの効果が知られたため、たくさんの人が積極的にDHAを摂取し健康に生かすようになりました。

特に子供にDHAを多く摂らせることで、頭が良くなる等の情報は広く認知されています。

子供の知能指数に関する研究のうち、未熟児の段階から粉ミルクで育てた場合と母乳で育てた場合にどういった差が出るかを8年後に調査したというものがあります。

粉ミルクより母乳の方が、知能指数の平均が高くなったという結果が出たと言われています。

この粉ミルクと母乳を比較した時、母乳に含まれており、かつ脳に存在する成分はDHAでした。

いかにDHAが子供の脳の形成に必要とされているかがわかろうというものです。

そのため、最近開発された粉ミルクの多くにはDHAが含まれているといいます。

サプリメントはドラッグストアやコンビニで手軽に入手でき、日々の食事だけでは欠乏しがちな栄養素や体に必要な栄養素を補充できるという利点がある健康補助食品です。

毎日の食事と合わせて必要な栄養素を補助する意味で、DHAをはじめ健康に役立つ成分をサプリメント摂取するのも効果的な方法のひとつです。

スポンサード リンク